新型コロナウイルス感染症対策として、対面での授業ができなかった一学期の期間は、どのような学習指導をしていましたか?

4月・5月と対面での授業が行えない期間が続きましたが、開成では、4月中旬より、ICT教育を中心に、各学年において時間割を組み、例年の授業進度より遅れることのないように教育を行いました。オンラインでの双方向授業や、授業録画配信、課題のやりとりなど、それぞれの授業担当者が創意工夫をこらし、生徒の家庭学習をサポートしました。その結果として、5月末には中間評価を算出し、7月末には一学期の評価をするなど、例年通りの対応をいたしました。

パーマリンク