ホーム >  入試案内 >  中高入試 >  帰国生

帰国生

帰国生枠について

開成には下の表にあるように数多くの帰国生が学んでいます。海外での居住経験,教育経験を持つ生徒が開成を受験し,学び,卒業生となることを心から歓迎しています。開成での学びが効果的に実を結ぶように,開成では入学試験で帰国生枠を設けていません。同一の入学試験を受けるすべての受験生に対して,同一の基準で合否判定を行っています。

海外在留経験に関するアンケート調査結果

海外在留経験を持つ者が開成学園に毎年どれ程入学しているか,その生徒たちが開成にどのような印象を持っているかを,アンケートおよび聴き取りにより調査しました。これから開成進学を考えている皆さんの一助となれば幸いです。この表の海外在留経験者の定義は、在留期間一年を越え、帰国後三年以内の生徒です。開成にはこの定義に含まれない海外在留経験を持つ生徒も多くいます。

1.海外在留経験を持つ入学者数の推移

2.意見・助言・感想 -在校生の声-

  • ・行事に積極的にみんなで取り組むのが楽しい。授業が興味深い。帰国生が結構いる。
  • ・レベルの高い友人との交流が出来る。イベントの一つ一つが濃い。
  • ・生活が充実しているから,勉強だけでなくスポーツにも打ち込める。
  • ・開成には本気でやらなければならない環境があり,また委員会などの活動も活発で学校生活が充実している。
  •  海外にいた時には想像できないほど毎日が楽しい。皆がそれぞれ秀でている。
  • ・高い志を持てば海外からでも開成に十分合格できる。しっかりした目的を持とう。様々なことに挑戦できる。
  •  色々な人がいる。生徒主体の自由な学校であり,素晴らしい学習環境がある。
  • ・一般入試で合格したことが入学後の自信につながっている。