2020年国際情報オリンピックの日本代表選手に選ばれました(コンピュータ部活動報告)

開成学園コンピュータ部の米田寛峻君 (高校 3 年) が、2020 年の国際情報オリンピック (IOI) シンガポール大会の日本代表選手に選ばれました。

国内予選に相当する情報オリンピックに参加したのは「プログラミングができる小・中・高校生」1300 人で、この中から日本代表に4名が選ばれます。今年 2 月に行われた情報オリンピック本選の上位20名が、春季トレーニング合宿 (春合宿) に参加しました。今年の春合宿 (3/20 ~ 3/23) は、新型コロナウイルスの影響により、規模を縮小して行われました。春合宿では、できるだけ多くの団子を作る方法を見つける問題や、感染症を全滅させる治療計画を立てる問題などが出題されました。問題はどれも難易度が高く、今年は満点獲得が 1 人以下の問題が 12 問のうち 9 問ありました。米田寛峻君は 4 問で満点を獲得し、結果は 1200 点中 606 点でした。これにより、IOI 2020 の日本代表選手に 2 位で選ばれました。

IOI 2020 は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で、残念ながらシンガポール現地で開催されず、オンラインで開催されることが決定しました。具体的な開催時期は、今年 9 月以降に発表されます。